ばついち女の気ままな出会い系サイトライフスタイル 側頭葉てんかんを乗り越えて〜



てんかんというハンディを背負った…

妊娠中にばついちママとなったバカな女

様々なハンディを乗り越え、生きてきました

様々な出会いも求めました

ネット利用して『美を追求』したばついち女[:ラブ:]

数々の出会い系サイトを利用してきたばついち女[:ラブ:]

出会い系サイトをフル活用です(笑)

そんな私の出会い系サイトライフスタイルをご紹介します



スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2018.10.21 Sunday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | - |
    出会い…その ばついち女と『揚げパン』
    0
      菊鑑賞の後お土産に菊をお買い上げした後

      お土産に買って頂いたばついち女(ニンマリ)

      公淵公園を出た2人

      お次はランチタイムです(ニッコリ)

      『どこにしよっか?』

      元よりノープランのお相手

      この人のデートは常にノープランなのだ

      『DEARでいい?』

      ふと思いついたように問いかけるお相手

      『うんっ! それがいい!』

      ノリノリのばついち女

      『それか夢タウン… いきなりステーキってコースもあるけどね』

      たたみかけるようなお相手に

      夢タウンでの悪夢が脳裏をよぎり

      『いゃそこはDEARでしょう!』

      ばついち女の言葉よりイタリアン『DEAR』に決定です

      『DEAR』に到着すると

      メニュー選びはお相手任せ

      優柔不断なばついち女

      セットメニューを2人仲良くシェアです(ハート)

      パンコーナーにおいてあった

      『揚げパン』が美味しそうで…

      山盛りに取ってきたばついち女

      意地汚い女

      出されたスパゲティを見てびっくり( ̄○ ̄;)

      何だ? これは?

      このスパゲティシェアすべきでは?

      そう思うくらい量が多かったのだ

      『NANAさんちょっと食べてごらんよ』

      自分のスパゲティがあるというのに

      先にお相手よりドリアを譲り受けるばついち女

      今思えばあのスパゲティの量に恐れをなりたのであろう(うんうん)

      いざスパゲティをシェアしようと手をつけた時には

      固まってしまっていてうまく分けられない(汗)

      『とりあえずこれだけね』

      なかなか分けられないよー

      お皿を渡しながら言うばついち女に

      『NANAさん もうパン食べられないでしょう?』

      ニヤニヤ笑いながら言うお相手

      『うん… このナプキンで包んで持ち帰りたい(願望)』

      出来る事なら残ったスパゲティはタッパーで(爆笑)

      答えるばついち女

      この女の辞書には『恥』という言葉が欠落しているのであろう

      『車の中に袋ありますよ(ニッコリ)』

      悪魔のような一言

      これな…

      Nanamiちゃんと一緒やったらお持ち帰りするやろーなぁ…

      考えながらスパゲティぱくつきます(苦笑)

      次第に苦しくなってくるお腹をさすっているとお相手が席を立つ

      トイレでしょうか?謎

      しばらくして…

      片手に袋を持って登場(爆笑)

      『夜食やねっ☆』

      ニコニコでバックにしまい込むばついち女

      この女には色気もへったくれもないのだ(ρ_;)

      我ながら情けないです

      しかしこの『揚げパン』なるもの

      懐かしい味がして美味しいのは確かである(キッパリ)

      【2018.10.21 Sunday 22:57】 author : 壊れた女 | - | comments(0) | - | - |
      出会い…その ばついち女の菊鑑賞デート
      0
        漫才のような会話を繰り広げながら公淵公園へと辿り着いた2人

        『今って菊祭りしてるけど菊って知ってる?』

        当たり前の事を聞かれる…

        いゃ知ってるし(汗)

        『知らんって言ったら?』

        トンチンカンな事を言うばついち女

        『放り出すわ』

        さぁ行くぞと言わんばかりのお相手の後ろをちょこまかとついて行く

        『こういうところってさぁ〜 昔デートで通った(ハート)みたいな事言ってみたかったよねぇ(ため息)』

        っつうか…

        昔デートにどんなところ行った?

        思いを馳せるばついち女

        学生時代にタイムスリップしている女(遠い目)

        『うーん 喫茶とかやなぁ』

        お相手の言葉に

        『うんうん! 喫茶とか… でも私の一番の思い出は映画(ハート) ブルックシールズ青い珊瑚礁』

        ハァーッ(ため息)

        初めてのデートに思いを巡らせ

        感慨深くため息をつくばついち女(ウットリ)

        デート談義をしながら歩いていると菊の展示場に着きます

        『見頃は来週あたりかもしれないねぇ(苦笑)』

        蕾ばかりの菊を見て言うお相手

        おいおい(-"-;)

        『みたいだねぇ…』

        答えながらばついち女が蕾を見ていると

        『今年も梶崎君頑張ってるねぇ〜』

        なにやら菊を見ながら頷くお相手

        ハイ?

        知り合いですか?謎

        『もしかして知り合い?』

        ばついち女の問いに

        『いゃ全然!』

        ニンマリ笑いながら言い次へと向かうお相手

        してやられたか!

        『正晃君 体調悪いのに頑張ったねぇ!』

        お相手の言葉に

        『体調悪いって?』

        突っ込むばついち女

        『古い食べ物にあたったらしいよ(笑)』

        それ古い眠剤の事言いたいワケか(ジロリ)

        『ふぅ〜ん 来年は出すのかね?』

        ばついち女の問いに

        『いゃ わからんねぇ』

        ヘラヘラと流すお相手

        コイツ食えん!

        漫才のような会話を繰り広げながら

        ここでもかよっ(爆笑)

        菊鑑賞をする2人

        1つの展示場所の前で

        『ここの菊は気高くて品がある』

        今まで漫才をしていたお相手がやけに誉める

        いゃ別に他と変わりないし(汗)

        『こちらの方が色的には好き』

        言いかけるばついち女の言葉を遮り

        『こっちがいい!』

        一点張りのお相手

        彼の出身校出品の菊でした(ペコリ)

        菊鑑賞を終えると公園でしばらく散歩

        久しぶりのブランコを楽しんだり

        怖かったです(マジ)

        しばし童心に返ったばついち女だった



        【2018.10.20 Saturday 20:14】 author : 壊れた女 | - | comments(0) | - | - |
        出会い…その ばついち女とベロンベロンペットボトル
        0
          『次は紅葉を(ハート)』

          そうお約束していたばついち女

          いゃいゃその前に『秋桜』があるではないか!

          さっそくお相手に連絡し約束をとりつけます(ニンマリ)

          この女の図々しさもここまでくるといささか表彰物であろう(苦笑)

          だがお約束の前日に間違えて古い明剤を飲んでしまい

          ほぼ眠れぬ夜を過ごすというとんでもない大失態を犯してしまうばついち女

          単なるバカです(プッ)
          お相手の気遣いより危うく延期にされかけ

          『支度してるし大丈夫です!』

          せっかく塗装までしてるのに(ρ_;)

          延期は嫌だと言い張りデートです

          『今日もノープランで(笑)』

          そう言うお相手に

          『我が家の草抜きする?』

          冗談混じりに言いつつ車に乗り込むばついち女

          『そうしますか!』

          車から降り草を抜きに行くお相手

          ( ̄○ ̄;)

          『いゃ 冗談だから(汗)』

          本気にされたら困る!

          草抜きだったらもっと軽装にするわい!

          手伝わせるつもりかいっ(爆笑)

          『僕も冗談です(キッパリ)』

          抜いた草を手に真面目な顔で言うお相手

          誠にノリのいい人である(笑)

          チッ

          からかわれたんかよ

          いつものごとくノープランデート出発

          『今日は公淵公園に行きますか?』

          お相手の言葉に逆らうはずなく

          公淵公園へと車を走らせる2人

          途中…

          『コーラ飲みます?』

          言われ

          『間接キス?笑』

          頷こうとしたばついち女

          だが次の瞬間ペットボトルの口の部分を舌でベロベロ舐め回すお相手

          ( ̄∀ ̄)

          『汚い! いらんわよ!』

          さすがにそれは欲しくないから!

          ソッコー却下するばついち女

          『きちゃないって言って欲しいなぁ〜』

          『ベロベロ舐め回したコーラなんて飲まない!』

          ばついち女の言葉に

          『ベロンベロンや(笑)』

          笑顔で言いながら

          『飲む?』

          なおも促すお相手

          『いらんから(-"-;)』

          ソッコー却下するばついち女

          ベロベロペットボトル談義をしつつ公淵公園到着です


          【2018.10.20 Saturday 00:16】 author : 壊れた女 | - | comments(0) | - | - |
          出会い…その 肝好きは豚玉
          0
            南珈琲店を出ると

            『NANAって肝食べれる?』

            ふみやに向かいながら聞かれる

            ハイ

            カレには『NANA』と名乗っていたばついち女(プッ)

            『NANA』と言ったり『紫苑』と言ったり『美穂』と言ったり…

            誠に忙しい女である(ゲラゲラ)

            ふみやって『きも焼き』やん!

            いつからふみやが『きも焼き』になったのかは定かではない(苦笑)

            『もちろん(ハート)』

            第一このオンナに好き嫌いなどあるワケがなかろう

            この女の辞書には『好き嫌い』という言葉がないのである

            ニッコリ笑顔で答えるばついち女に

            『じゃあ 豚玉を(ニンマリ)』

            紣紣紣紣紣

            てっきり『きも焼き』かと思ったやんけ!ぷんすか

            『きも食べれる?って聞いたら『きも焼き』かと思うやろ? そう思わせての『豚玉』がミソ(爆笑)』

            お相手にからかわれるばついち女( ̄○ ̄;)

            あんたねぇ〜

            コイツ蹴り飛ばしやろーかしらん(半分マジ)

            ホントに後ろからキック食わそうと思ったばついち女

            実はきもが苦手だというお相手…

            『最初から豚玉食べよう★って言えばいいやんかぁ(ぷんぷん)』

            ややこしいんよ!

            と訴えるばついち女

            ハイ

            ふみやに着くと早速『豚玉』と『そば焼き』をオーダー

            壁には『大人2人でお好み焼き一枚は困ります』の張り紙が(苦笑)

            やはり居るんだ!

            2人で1枚をシェアする人

            多分そういう人が多くなったからこんな張り紙したんだよなぁ

            考えつつ焼きあがったそば焼きと豚玉をシェアする2人

            久しぶりのお好み焼きは旨い!

            ペロリと食べるとふみやを後にする

            『あー 旨かった(ハート)』

            満足 満腹!

            腹いっぱいでご機嫌のばついち女を乗せ

            あてもなくドライブー

            途中お相手の希望により『ゴルフショップ』に立ち寄り

            『次は紅葉を見に行こうねっ☆』

            最後にお約束して帰宅したばついち女

            楽しい時間を過ごしました(ニッコリ)

            【2018.10.07 Sunday 00:47】 author : 壊れた女 | - | comments(0) | - | - |
            出会い…その ばついちの悲しきラブラブ投稿
            0



              先日 友達とお出かけしたばついち女

              以前ひまわり畑に連れてってくださった方(ハート)

              『どこへ行く?』

              お相手の言葉に

              『うーん汗 任せる(苦笑)』

              特に食べたいモノとかはないし…

              このオンナの辞書に好き嫌いという文字はないのである(威張り)

              いつもながら優柔不断なばついち女

              行きたいところ二カ所ある

              という友達の言葉に『ふみや』に決定

              『ふみや』とはお好み焼き屋さんである

              実は『ふみや』に行きたかったが言えなかったらしいお相手(苦笑)

              コインパーキングに車を停めると

              『ちょっとお茶して行く?』

              お相手の言葉に南珈琲店へと向かう

              2人仲良くブレンドをオーダーすると

              『ちょっと聞いて!』

              ケータイを開きつつ話し出すばついち女

              『で? 相手は?』

              先日のFBでの投稿を冷やかすお相手(苦笑)

              FBにてラブラブ投稿なるものをしていたばついち女(プッ)

              『いゃ私毎日一緒に寝てるし(ハート) 』

              っつーか…

              どこへ行くのも一緒だしラブ

              相手は喋ってくれんけど(号泣)

              喋ったら嬉しいけど怖いかと(汗)

              動く事もないけど…

              動いたら嬉しいけどやはり怖いかと(汗)

              実はラブラブ投稿とはばついち女の『ぬいぐるみ』だったりする(汗)

              実の子のように可愛がり『ぬいぐるみ』とは口にしたくないばついち女

              だいたい私がラブラブ投稿なんて…

              居てもするワケないし(爆笑)

              キミの場合オトコが寄りつかないのだろう

              ラブラブ投稿談義をしつつ南珈琲店を後にする2人だった


              【2018.10.06 Saturday 02:07】 author : 壊れた女 | 出会い | comments(0) | - | - |
              出会い…その ばついち女と壮大なひまわり畑
              0
                うだるような暑さの中

                『まんのう公園』を出て『ひまわり団地』へと向かう

                もう頭の中はひまわりでいっぱいのばついち女

                『このあたり?』

                うーん

                そんな気もするが…


                『とにかくあたり一面のひまわりなのっ!』

                昨年圧倒されるばかりに咲いていたひまわり畑を思い出すばついち女

                『もしかしてアレ?』

                小さなひまわり畑を見つけ言うお相手に

                『違う! あんなんじゃない! もっと広い!』

                言い放つばついち女と

                ナビに従い車を走らせると

                『ひまわり団地』というのぼりがたっている

                ようやく着いた!

                しかしひまわりは咲いてなかった…

                正確に言えばひまわりはしおれかかっていた…

                しかも全員( ̄○ ̄;)

                壮大なスケールで

                熱中症をおこしていたのだろうか?謎

                そんなバカな話しはありません

                暑さでやられたひまわり…

                『今年は暑かったからかなぁ〜』

                話しながら車に乗り込むとUターンです

                『これだけのひまわりがしおれてかかっているっていうのもある意味見応えあるよね(苦笑)』

                とにかく壮大なスケールでひまわりが植わっているのだ

                『さっきの咲いていたひまわり撮る?』

                お相手の言葉に甘え咲いていたひまわりをパシャリ

                『今年もこれで満足!うふふ』

                秋は秋桜かしらん?

                などと考えつつ車に乗り込む

                どこまでも図々しいばついち女だった



                【2018.07.29 Sunday 00:57】 author : 壊れた女 | - | comments(0) | - | - |
                出会い…その 干からびるばついち女
                0
                  『山越』を出た2人はばついち女の要望により

                  『ひまわり団地』に向かう

                  途中 『ガソリンがない!』

                  お相手の言葉にガソリンスタンドに立ち寄るのだが

                  そこで思わず吹き出しそうになる

                  『サンオイル』

                  という見た事もないガソリンスタンドなのだ

                  いくらばついち女が無免許でもちょっと怪しいと思う(爆笑)

                  聞いた事ないし…

                  『サンオイル』にツボりながら車を走らせる

                  『山越』でのハンパない暑さに根をあげていた2人だというのに

                  何を思ったのか『まんのう公園』に立ち寄る事になる

                  『お花しおれてない?』

                  今にも枯れそうな

                  哀れなお花が咲き誇る炎天下の中を進む2人

                  とにかく屋根のある場所に避難!

                  とばかりに休憩した先にて友達はアイス・ばついち女はお茶で一息です

                  さぁ行くか!!

                  と出ようとする2人に

                  『暑さハンパないですねぇ…』

                  お店の方が声をかけてくる

                  『この時間帯にいらっしゃる方はあまりいません…』

                  やはり(-"-;)

                  こんな炎天下の中歩くのは私達くらいだろうな

                  『今って何度くらいなんだろ?謎』

                  『知らん方が身のためかもね…』

                  そう言いつつ店を出る

                  『最近は36℃とかあるんやで!』

                  知らなかったん?

                  私は外出しないけどそういうのは毎日チェックしてるもんねー

                  威張るばついち女に対し

                  『知らなかった』

                  そうなんだ…

                  そりゃ暑いはずだわ!

                  今さらながら納得するお相手

                  早く車に戻らなきゃ日射病になる!

                  暑い!

                  脱ぎたい!

                  Gパンのせいか?

                  日頃エアコンのきいた部屋にいるせいか?

                  暑くてたまらないばついち女に対し

                  『輪投げして行こうか』

                  のんびりしたお相手

                  『ここは夏場に来るとこじゃない!』

                  キッパリ言い放ち歩き続けるばついち女

                  こんなに暑くなかったら遊べたのに…

                  うだるような暑さの中『まんのう公園』を歩き車に戻ると

                  日頃汗をかかないばついち女の額からも汗がにじみ出していた







                  【2018.07.27 Friday 23:34】 author : 壊れた女 | - | comments(0) | - | - |
                  出会い… ばついち女と『かまたま』の小
                  0


                     ハッピーメール


                    ばついち女へのお誘いがあったのは

                    『みち潮』へ行ってからそう日が経っていなかった

                    なんという物好きな!

                    多分同い年という事によほど共感したのであろう(うんうん)

                    まずはドライブがてら

                    お相手オススメ『山越』へと向かいます

                    『貴方って日頃女の変化に気がつかないって言われない?』

                    2度目のお誘いにすっかりいい気になり

                    前科者だという事を忘れ

                    『山越』に着くまで終始姦しいばついち女

                    この女が大人しくなったのは車を降りてからだった

                    『暑っ!』

                    うだるような暑さにギョッとする

                    マジですか?

                    この暑さ…

                    ハンパないんすが(-"-;)

                    この炎天下を歩けと?

                    日頃エアコンのもとにいるばついち女には縁のない暑さなのだ

                    常日頃いかにダラダラしているか…

                    バレバレである

                    深く帽子をかぶりしぶしぶお相手の後をすごすごとついて行くばついち女

                    いつもは外まで行列をなしているという

                    香川県じゃちょっと有名なこのお店

                    さすがに外までの行列はなかったものの

                    平日だというのにこの日もやはり混雑していた

                    ばついち女が注文したのは

                    『かまたま』小

                    ふと壁を見上げると…

                    ウソンラブ

                    『小』←これ1玉やんけ( ̄○ ̄;)

                    他の店舗で小を頼んだ場合

                    これまでは半玉だったのだ

                    『ちょっと! 小って1玉?』

                    慌てて聞くばついち女に対し

                    『あー 大が良かった?』

                    『大は2玉や(ニッコリ)』

                    しゃあしゃあとのたまうお相手

                    蹴り食らわっそ!

                    誰が大なんぞ食うか!

                    2玉も入るか!

                    『小でいい!』

                    っつうか…

                    今の私に1玉も入るやろーか?謎

                    お残しはしたくないし……

                    ばついち女の胸に不安がよぎる

                    『お天ぷらは?』

                    お相手の言葉に

                    『いゃパスしとく』

                    お天ぷらは実に魅力的だが…

                    それ食べたらおうどんはいらん(ρ_;)

                    とお天ぷらはパスし

                    綺麗におうどんを平らげたばついち女だった



                    【2018.07.26 Thursday 00:04】 author : 壊れた女 | 出会い | comments(0) | - | - |
                    出会い… 傲慢なばついち女
                    0


                       ハッピーメール


                      時間つぶしもかねお腹をすかせるため

                      『さぬき市野外音楽広場テアトロン』まで歩いた2人

                      『帽子かぶって来れば良かったねぇ(苦笑)』

                      お相手の言葉に

                      『ホントやわ…』

                      私が日焼けしたらどうするのだ!

                      と言わんばかりにぷんすか拗ねるばついち女

                      誠に傲慢な女である

                      キミは前科者だという認識を持たなければならないのだ

                      『そろそろ行こうか』

                      車に乗り込む2人

                      しばし車を走らせると津田の松原に辿り着く

                      そこはばついち女が来た事のある場所だった

                      確かここってプールじゃなかった?

                      食事するとこなんてあったっけ?

                      ばついち女が考える間もなく

                      車は建物を通過し奥の民宿へと向かう

                      そこには『みち潮』という

                      一見民宿のような海鮮料理のお店があった

                      実際元は民宿を改築したものだったらしい

                      『何を食べます?』

                      お好きなものをパー

                      メニューを差し出されて迷うばついち女

                      さすがにこの女の辞書にも遠慮という言葉は残されていたらしい(苦笑)

                      オーダーをお相手に任せるとお茶で喉を潤す

                      やっぱさっき歩いたからかなぁ…

                      喉乾く!

                      食事もまだ来ていないうちからゴクゴクお茶を飲むばついち女

                      空っぽになったのを見計らったように

                      ばついち女の手から湯のみを取り上げると

                      お茶のおかわりをしに行くお相手

                      誠に至れり尽くせりである

                      そうこうしているうちに食事が出される

                      刺身&天ぷらつき海鮮定食だ

                      『美味しそう!』

                      目をみはるばついち女

                      『ここのは美味しいんですよ(ニッコリ)』

                      さぁ どうぞ!

                      お相手の言葉に舌なめずりするばついち女

                      美味しい!

                      景色もバツグンだし雰囲気もバツグン!

                      最高じゃん(極上のスマイル)

                      ゆっくり料理を食べ終えると

                      満足げにお茶をすするばついち女だった


                      【2018.07.20 Friday 22:46】 author : 壊れた女 | 出会い | comments(0) | - | - |
                      出会い… ばついち女と「二胡」
                      0


                         ハッピーメール


                        そこからしばし車を走らせると

                        『大串自然公園って行った事ある?』

                        そう聞かれる

                        『んー あるかもしれないけど… わかんない』

                        名前は覚えてないよー

                        だってバカだもん

                        と答えるばついち女

                        『じゃあ行ってみようか』

                        うん うん

                        確かに来た事あったような気がします

                        ここね…

                        「二胡」を演奏している方を見つけ

                        ぼけーっと椅子に腰掛け演奏に聞き入るばついち女

                        『ここで練習なさってるんですか?』

                        のどかな景色の中中国の「二胡」の練習してるんだ…

                        なかなか素敵な趣味だ

                        しかしまだお腹はあまり減らない…

                        考えていると肩をたたかれるばついち女

                        『あっち』

                        ん?

                        どっち?

                        ワケのわからぬままついて行くと

                        そこは長い階段だった

                        『エッ まさか… これを降りろと?』

                        恐怖を感じるばついち女

                        『そう!』

                        さぁ 行こう!

                        夢の世界へ!

                        とばかりのお相手に

                        『うん…』

                        前科者ばついち女は従わねばならないのだ

                        『ねぇ〜 これって後を考えたら怖くならない?』

                        お相手に支えてもらいながら降りる途中聞くばついち女

                        絶対 後で泣きを見ると思うよ?

                        どうなっても知らんよ?

                        責任とってよね?

                        おんぶして上がってよね?

                        ばついち女の恐ろしい考えを読みとったのか

                        『じゃあ引き返す?』

                        意外にもあっさりと引き返そうかと言う

                        そうこうしながらもようやく

                        スターダストレビューや小田和正が来たという

                        さぬき市野外音楽広場テアトロンに辿り着いたばついち女だった


                        【2018.07.15 Sunday 05:29】 author : 壊れた女 | 出会い | comments(0) | - | - |
                        CALENDAR
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        << February 2020 >>
                        PR
                        NEW ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENT
                        MOBILE
                        qrcode
                        LINKS
                        PROFILE
                        SEARCH
                        PAGETOP